甘エビ 業務用


ウオスでは業務用の甘エビを国産、海外産問わず取り扱っており、お客様に提供する時に最も甘い状態でお届けしています。業務用の殻付き、殻を剥いてある剥き身甘エビのどちらもお求めいただけます。業務用として使いやすい量で販売していますので、ぜひお問い合わせください

甘エビが甘いのには理由がある

甘エビの正式名称はホッコクアカエビ。北大西洋の深海に広く住んでいるタラバエビ科の仲間です

生で食べるとトロリとした食感と口いっぱいに広がる独特の旨味。寿司ネタの中でも1、2位を争う人気です。名前の通り甘みのあるエビ。この甘み成分は、グリシン、アラニンといったアミノ酸です

このアミノ酸は甘エビが死んでから体の中で生成されるため、獲れたてのエビは甘くありません。水揚げされてから時間がたったものの方が甘みが強いです

北海道の甘エビ事情

北海道の甘エビ漁は、おおむね1月と2月以外の通年です。北海道の日本海側にある漁場では古くからエビ篭漁が行われていますが、一部では底引き網漁も行われます

冷たい海の中で荒波にもまれて育った甘エビは、身がプリプリとしており歯ごたえの良さと粘り気のある強い甘みが特徴

国産甘エビは、ほぼ北海道産

国産業務用甘エビのほとんどが、北海道の日本海側で水揚げされたものと言っていいでしょう

水揚げされた甘エビは船上ですぐに大きさや性別で選別します。繊細な甘エビを傷つけることなく選別、冷凍保存するのは熟練の技術が必要。ウオスでは、信頼できる漁業者様から仕入れを行なっています。

船上冷凍は新鮮さが持ち味。じっくりと生成される旨味成分を蓄えながら業務用として出荷されます

安定した甘エビの仕入れを提供します

業務用甘エビは、特に大きいものから、炒め物に使う小ぶりなものまで数種類。ウオスでは北海道の港に長年甘エビを扱っている担当者を派遣し、よりおいしく価格の安定した甘エビを仕入れています

甘エビにも旬がある

一年中食べられる甘エビですが、特においしい旬の時期があります。北海道の業務用甘エビの旬は、海水温が低下してくる春頃と秋の初めからと言われています。お正月の頃には1番おいしい甘エビが食べられると言えるでしょう。身には弾力がありますが、口の中に入れると粘り気のあるとろけるような甘みがうれしい。旬の時期にはより一層プリプリ感が増します。

業務用甘エビも、秋口から年末年始にかけて出荷の最盛期です。お子様から年配の方まですべての年代の方が食べやすく、赤くて華やかな見た目はおめでたいお席や喜びのシーンにぴったり。飲食店様のクリスマス、お正月のスペシャルメニューやバイキング、おせち料理などの業務用に大きなものから小ぶりなものまでサイズを問わず人気です

利用目的に合わせた甘エビの選び方

業務用甘エビを仕入れる場合、質、大きさ、形が気になることと思います。使う料理によっては、おいしさだけでなく姿形の良いものが好まれます

大きな甘エビは迫力があり、高級感もアップしますが、その分ご予算のアップも気になるところ

コスパの良い業務用甘エビ

ウオスでは、コストパフォーマンスも考えた業務用甘エビをおすすめしています。大きさや形の美しさで選んでいただける、よりすぐりの甘エビの他に、折り紙つきの味だけど、小ぶりであったり軽微な傷のある業務用甘エビもご用意

単価の高いものと同じ味わいなので、料理次第ではまったく気になりません

国産と比較しても遜色のないグリーンランドやアイスランド産甘エビ

ウオスではご予算に合わせ、甘エビの産地として定評のあるグリーンランド、アイスランドといった国から冷凍の甘エビを輸入しています

こちらも船上冷凍で国内産と比べ遜色はありません。ご利用目的やお料理の種類、ご予算をお聞かせいただければ、ふさわしい業務用甘エビをお探しいたします

美味しい甘エビの見分け方

甘エビには、食べ頃の時期があるのも特徴です。雄で生まれて成長する甘エビは、4年から5年すると雌に性転換するという不思議な生き物。この性転換時期、性転換直後の時期が最もおいしいのです

特に、抱卵した甘エビには独特の味わいがあり、ウオスでは業務用として高品質の抱卵した甘エビを取り扱っています。エビの卵や内臓は珍味としても人気で、抱卵しているものは業務用甘エビの中でも人気があります。

産卵の終わった雌のエビは、卵に栄養を奪われているため旨味の低下しているものがあります。大きければ大きいほど良いわけではありません。ウオスの甘エビ担当者はベテランの社員です。大きくて旨味たっぷりの甘エビを見極め、港で直接買い付けて販売しています。中間業者をなくすことで、コストだけでなく、業務用にふさわしいおいしい甘エビだけを選んで仕入れることができます

人気の甘エビで高単価メニューを

プリプリの食感と深い味わいの甘エビ。誰からも愛される食材です。赤くて華やかな見た目も人気の秘密。業務用甘エビは、一度に大量に購入できるため、コストの削減にもつながります

エビを使ったメニューは高単価のものが多いですが、甘エビはエビの中でも特別。さらなる高単価メニューを目指すことができます。ウオスにご相談ください

ウオスでは、北海道産の国産甘エビや業務用にリーズナブルにお使いいただける輸入甘エビと幅広く取り扱っています。お料理やシーンにあった甘エビをご紹介します

まとめ

和食はもちろん、洋食にも合う甘エビ。和食では、お刺身やお寿司の他、天ぷら、鍋物にも人気。練り物に入れたり、シュウマイや団子といった加工品もおすすめです。洋食では、パスタやグラタン、アヒージョにも。業務用甘エビは、大量に購入されることが多いため品質は二の次といった印象を持たれることがありますが、ウオスでは、目で見て確認し納得できる品質のものだけを仕入れています

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります