水産仕入れをご検討中の仕入れご担当者様

 ・北海道産の鮮魚が欲しい
 ・バイキング用のカニを安く仕入れられないか
 ・季節限定メニューをだしたいのだが、旬の美味しい物は何があるのか
 ・活きた状態でホタテを送ってほしい
 ・研究用に生のタコが欲しいのだが
等々これまでにいただいたお問い合わせのほんの一部ですが、水産仕入れを行うウオスでは飲食店でのご利用のみならず観光ホテルや研究室、テレビ番組で扱いたいといった多方面のお問い合わせにも幅広く対応させていただきます。
小ロットの仕入れやまとめた仕入れ、新メニューの提案や原価相談、ふと頭に浮かんだその疑問。なんでもご相談ください。水産仕入れご担当者様にご満足いただけるよう最高のご提案をさせていただきます。

コチラからご購入できます!

水産仕入れ 居酒屋、レストラン、料亭、等飲食店の仕入れ担当者様はコチラをチェック!

進風水産の新しい仕入れの形

仕入れの悩み
「水産物の仕入れはいつだって頭が痛い」
こんなお悩みをお持ちの仕入れ担当者も少なくないはず。水産物ほど一流の目利きと仕入れルートが必要となる食材はありません。流通機構の特殊さもさることながら、鮮度を保つことや、肉や野菜以上に在庫管理が難しいこと、さらには本当に良い食材を見分ける目が必要になるなど、注意するべき点が沢山ある水産物の仕入れにお悩みかと思います。
私たち進風水産は、スピード確保を可能とする足、良質な水産物を厳選する目、そして札幌中央卸売市場をはじめとした道内各地漁師から直接水産物仕入れを行うことによって、上記の注意点すべてを高いレベルでクリアしたうえで、競争力のある価格で提供することを可能としています。
水産物の仕入れでネックとなる在庫の保管についても、弊社の倉庫で仕入れた水産物を保管し、お客様の必要に応じて発送することも可能なため、大量に仕入れてコストを抑えつつ、在庫管理のスペースまで節約することができます。
多くの水産会社が老舗と呼ぶにふさわしい年月を経ているのに対し、進風水産は平成13年にスタートした若い会社ですが、新進気鋭だからこそできる枠にとらわれない柔軟な発想で、そうした新しい水産物仕入れの形を実現しました。また札幌中央卸売市場と共に誕生した道内最大規模組合である道央水産物商業協同組合に加入するなど、確かな実力によって、道内各地から水産物の仕入れを行っております。

あらゆる戦略の生命線である仕入れを強化

仕入れのお悩み解決
小売店様、飲食店様にとって仕入れはあらゆる戦略の生命線かと思います。鮮魚、冷凍魚介類、水産加工品、どれを扱うにしても鮮度管理ニーズという問題がつきまとってきます。そして水産物の仕入れのもう一つの難しい点は、希望の商品ごとに様々な水産物卸売業者に連絡して食材ごとに仕入れをしなければいけないのも悩みの種かと思います。
進風水産は、そうした水産物仕入れの特殊な問題を取り払います。
希望の商品を一括して弊社でお受けし、北海道各地の市場・漁業でお客様が希望されている質と価格に見合う食材を見つけ、それらを大量に仕入れ、他のお客様にもご提供することによって仕入れ単価が安くなる仕組みを設けております。これにより、いくつもの水産物卸売業者と仕入れのやり取りをする必要がなくなるうえ、手間と単価の2つのコストえられることになります。この仕入れと供給の仕組みがあるからこそ、ご要望に対してフレキシブルかつ高い競争力でもってお応えができるのです。 そのため、どんなファーストステップでも結構です。『水産物を仕入れる』ということだけ決まっていれば、あとは進風水産までご連絡ください。食材納期価格数量が決まり、実際に水産物の仕入れが始まれば、スピード確保 いたします。

『鮮争』を戦い抜く

鮮争
進風水産が水産物仕入れにおいて注力している3つの鮮度がございます。
とれたての「新鮮さ」が保たれているかどうか、お客様が納得できる「品質」としての鮮度はあるのか、そしてその時々の売れる、売れている水産物という「市場価値やニーズ」としての鮮度があるのか。仕入れ担当者様は、常にそういった様々な鮮度を巡る戦い、いわば「鮮争」を戦い続けていることかと思います。
進風水産は、そんな鮮度との戦いをより有利にするべく、とことんこの3つの鮮度にこだわってきました。ご要望をいただいてから、北海道の各地にある漁場・市場、道外の漁師など、どこから仕入れるのが最適か即座に判断し、早急に仕入れを完了させます。
水産卸売り会社としてスタートし、これまでに水産物を含めた数々の仕入れを行い、取引を重ねてきた経験を存分に活かし、お客様が欲する水産物を仕入れるのに最適な漁業を即座に見つけ、より質の良いものを確実に選び抜きます。
同じく鮮度に強いこだわりを持つ料理長・店主様には、進風水産による水産物仕入れを強くオススメいたします。

カニなら進風水産へ

進風水産の水産物仕入れは、お客様のご要望に応える形での仕入れになりますが、自信を持ってオススメしたい水産物は多数ございます。中でも北海道の水産物仕入れの目玉といえば、やはり海の幸の頂点たるカニです。ご存知のように一口にカニといっても種類が豊富で、どれかしらのカニが旬を迎えているという北海道の漁業の特徴を活かし、安定的なカニの仕入れを行っております。
鍋から寿司ネタまで、冬の味覚の最強の万能戦士として名高いばかりでなく、北海道の地域発展にも貢献してくれているズワイガニや、見た目と美味しさのギャップは水産物の中でもトップクラスで、絶品のカニ味噌を蓄えている毛ガニ。そして水分が多く、ボイルするとふわふわの食感になるという楽しさと美味しさの欲張りセットなタラバガニ
この3大ガニを水産物仕入れの主力に据え、他にも花咲ガニアブラガニ、根室・オホーツク周辺で獲れるクリガニなど、バリエーションに富んだ仕入れを行っております。味は言わずもがなで、旬も途切れず、料理や贈り物など何にでも使えるカニですが、価格の高騰だけがネックで足踏みをしている方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は進風水産の競争力で相対的なコストダウンを図ってみてはいかがでしょう。

ホタテ、昆布、タコ

水産仕入れ
もちろんカニばかりではありません。日本最大の漁業生産地の広さを持つ北海道で収獲される水産物の数々には、まだまだ仕入れをオススメしたい水産物が波の数ほどございます。
オホーツクや根室地方などの名産地から獲れるホタテは、北海道のシンボルである牛乳と肩を並べるクリーミーな白い食材として有名です。料理、刺身、珍味など実に多様な形のホタテ商品に利用でき、栄養も豊富と使っても贈っても嬉しい水産物です。他にも、北海道の水産物を語るうえで「昆布」は絶対に外せません。全国の集荷量の9割以上を誇る昆布王国である北海道には、名産地である日高・利尻をはじめとする美味しい昆布が目白押し。食べても良し、出汁にするもよしと、平たい食べ物の中で右に出るものはないと言っても過言ではないほど、最高峰の使い勝手の良さを誇る水産物です
そして北海道の豊富な水産物の影に隠れてしまっているのがタコです。イメージは薄いかもしれませんが、タコ北海道が水揚量ぶっちぎりの一位を誇る北海道水産物オールスターのスタメンともいうべき食材です。弊社のご利用を機に、水産物の仕入れの幅を広げてみようと思っていただけるようなレパートリーですので、ご注文の際はお気軽に追加でご相談ください。

取引実績

水産仕入れ
幅広く水産物仕入れを行っている進風水産は、これまでに多くのお客様よりお声掛けいただき、尽力させていただきました。そんな進風水産が取引させていただいた企業様をご紹介させていただきます。企業様のご都合により一部企業名は記載できませんが、弊社のご利用をご検討されている方の参考となるよう、業種と仕入れた水産物とを合わせてご紹介いたします。
銀座のいろり屋様には、名物の大量いくら丼の船上めしに使用する知床産のいくらを。
札幌のカタログギフト店様には、弊社の水産物仕入れの主力であるカニを。
そして遠く関西の大都市・大阪の企業様には名物タコ焼きに使用するタコを、中部地方では群馬県の企業様とも、カニやホタテをはじめとする水産物全般の仕入れのご注文をいただきした。さらには大手醤油メーカー様に、昆布の仕入れをさせていただくなど、これまで日本の主要都市に展開する企業様、飲食店様、ギフト店様からお声掛けいただきました。
このように、全国津々浦々、とまではいかずとも、広く日本中から水産物の仕入れを承っております。札幌市内には直接配送も行っておりますが、道内外からのご注文もお待ちしております。

定期的でなくても承ります

水産仕入れ
これまでにお取引させていただいた企業様の中には、長くご愛顧いただいている企業様もいらっしゃれば、期間限定商品ギフト忘年会新年会コンペなどに出品するためなど、ピンポイントでご利用いただいお客様もいらっしゃいます。それこそ、まるで市場へ立ち寄るような感覚で水産物を仕入れいただけるということです。
食材を扱う水産物の仕入れであって、不動産や保険の契約ではありませんので、一度限りでも喜んで仕入れご注文をお受けいたします。直接足を運ばず、お電話一本で気軽に水産物の仕入れができる市場だと思っていただけると良いかもしれません。
すでに決まった取引先を持っている方企業様でも、いつものお取引先が万が一不測の事態で仕入れが出来なくなった場合など、至急水産物の仕入れ先を見つける必要が出た際は、弊社が競争力のある価格でお助けいたします。
お試しでのお取引、催しやお祝いの際、緊急時の保険等々、短期あるいは一回限り、小ロットが前提の仕入れも大歓迎です。もちろん、末永く進風水産の水産物仕入れの腕を頼っていただけるようなお取引となるよう、全力を尽くしてまいります。

どんな方にお勧めか

水産仕入れ
すでに取引実績でも簡単にご紹介させていただきましたが、弊社はこれまでに本当に沢山のお客様よりお声掛けいただき、お力添えをさせていただきました。そんな進風水産の水産物仕入れをご利用いただくならどんな方にお勧めしたいか。
第一に、前述したような特殊な流通機構と、そこでかかるコストの多さに少し辟易している方。さらにはこれから新規で事業を進めていくにあたり、良い取引先を探している事業主の方にはもちろん、今よりもコストを抑えたい、それでいて質の良いものも仕入れたいという意欲的な仕入れ担当者様。今後水産物を使った商品に力を注いでいきたい、あるいは水産物をメニューの中心に据えた戦略を練っている飲食店経営者様など、是非進風水産までご相談ください。
味・栄養の面で優れている人気の食材なのに、コストが足を引っ張るせいで泣く泣く断念していた期間限定商品のアイディアでも、進風水産のもつ競争力と、漁師の技によってもたらされた質と鮮度によって、実現できるかもしれません。我々がお客様の水産物仕入れのお悩みを解決する、いわば『水産物コンサルタント』となれるものと思っております。

水産物仕入れだけではありません

水産仕入れ
進風水産は水産物仕入れに絶対の自身を持っておりますが、飲食店様、小売店様においては水産物の仕入れ以外にも青果の仕入れ。実は進風水産は『青果』の仕入れも行っており、それも専門外のことにも手広く手を出しているわけではなく、水産物仕入れに劣らぬ質を見極める目と鮮度を保つスピードを備えております。
水産物の仕入れはこの仕入れ先で、野菜類はこちらの仕入れ先というのが一般的かと思いますが、水産物と青果の仕入れを分けるのは面倒くさい、どこかが一手に引き受けてくれないものか…。そんなお悩みをお持ちの方は、進風水産にお声掛けくだされば、一気に解決です。水産物仕入れの会社が青果にも通じているなんてありえるのかとお疑いになるかもしれませんが、自社オリジナルの青汁である青汁畑の製造・販売も行っているように、野菜・果物についても高い知識を蓄えてまいりました。
水産物と並ぶ、北海道の自然の恵みである野菜と果物には、収穫量全国トップを誇るブロッコリーやにんじん、じゃがいもやたまねぎをはじめとした、美食の地・北海道ならではのドデカイ仕入れの幅を誇っております。美容と健康のための青汁である『青汁畑』を生み出した進風水産で、水産物の仕入れだけでなく、青果類の仕入れもご注文されてはいかがでしょう。

どんなご質問、そしてどの地域での展開でも

水産仕入れ
ご要望をいただいてからご希望に沿える水産物を見つける早さ。北海道という漁業の広さを存分に活かして幅広い水産物を取り扱っていること。競争に打ち勝つための鮮度への強い3つのこだわり。そしてご要望が完全に固まっていない状態でも、ご相談をお受けする柔軟さ。1度だけのお取引も可能で、水産物の仕入れのみならず、青果の仕入れにも携わっている便利さ。仕入れ担当者様にとって平時も緊急時もこれほど助かる卸売業者は進風水産をおいて他にありません。
また弊社は日本だけでなく、海外に拠点を置く企業様からのご要望も承っております。発送こそ日本国内のみに限定させていただいておりますが、日本に中継地点をお持ちで、海外で事業を展開されている企業様であれば、どれだけ遠い場所からのご相談もお受けしております。日本中に水産物仕入れの風を進める進風水産が、日本の水産物の良さを世界に広める一端を担えれば、これ以上の幸せはありません。
0118137411 1クリックで電話発信が可能です。