うに お取り寄せ

うにといえば、高級食品の一つというイメージがありますよね。また、いざ食べたいと思ってスーパーマーケットなどに行ったとしても、新鮮な商品を買うことはなかなか難しいと思います。そういったときに便利なのが、インターネットでのお取り寄せです。新鮮な商品を、鮮度が保たれた状態でお取り寄せすることができるため、とても便利です。ぜひ、インターネットのうにお取り寄せサイトをご活用ください。

うにの正体とは


食用のうには、大きく分けて「エゾバフウンウニ」と「ムラサキウニ」の2つに分けられます。特徴を表にまとめました。

 エゾバフウンウニムラサキウニ
オレンジ色黄色
濃厚な味わいあっさりしていて独特
漁獲量少ない多い
価格高い安い

※ちなみに「エゾバフウンウニ」の名前の由来は、見た目が「馬糞」に似ていたから、だそうです。ですが、濃厚な味わいで、日本で一番おいしいうにともいわれています。やはり人間と同じで、うにも見た目では判断できませんね!

インターネットのうにお取り寄せウェブサイトでご購入の際は、それぞれの特徴をふまえて選んでみると、自分好みの商品が見つけられるかもしれませんよ。

うにのエサとは


うには何を食料としているかご存知でしょうか。答えは、昆布です。北海道の利尻昆布といえば言わずと知れた高級品ですが、うにお取り寄せウェブサイトの多くで、利尻昆布を食べたうにが一番おいしいとおススメしています。

このように、インターネットのうにお取り寄せウェブサイトを利用すれば、高級で上質なうにを簡単にお取り寄せすることができます。ぜひ一度お取り寄せして、味わってみたいものですね。

うにについて調べると


うにを漢字で書くと、海胆、海栗、雲丹、の3種類あると分かりました。
それぞれ意味合いが違うので、使い分けています。
「海胆」と「海栗」は“生うに”を指します。
「海胆」の由来は一説によると、動物の肝(肝臓)のようなおいしさと、貴重性があったことからこの漢字になったといわれています。

また「海栗」は漢字の通り、栗の外見に似ているからという理由だそうです。
一方「雲丹」は、生うにを塩漬けした状態など、加工食品を指します。「雲丹」の「雲」には集まること、という意味があり「丹」には赤いという意味があります。
「海胆」にしようか?それとも「雲丹」にしようか?皆さんの好みが分かれるところだと思います。うにをお取り寄せの際は、ぜひ漢字にも注目してみてください。

うにはお取り寄せして食べるほどでもない、という方へ


皆さんの中には、「うにが苦手だ・・・」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
その理由の一つとして考えられるのは、型崩れ防止のために使われる「ミョウバン」です。ミョウバンは生うにに使われていることが多いため、独特の風味があります。それを苦手とする方が多くいるようですね。そこで、ミョウバンを使わないうにや、塩水につけてあるうにも、多く販売されています。

インターネットのうにお取り寄せウェブサイトでは、塩水うにや海水うに、などという商品名で販売されています。「うには苦手なんだよね」という方は、ミョウバン不使用の商品をお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。うにに対するイメージが変わるかもしれませんよ。

栄養豊富なうに。ぜひお取り寄せをおススメします


うにに多く含まれる栄養は主に3つといわれています。

1.ビタミンA

視覚を正常に保つ(暗いところでも目が見える)、皮膚や粘膜を健康に保つ、などの作用があります。
余談ですが、サプリメントによる過剰摂取に注意が必要です。サプリメントのビタミンAの成分は尿で排泄されず、体の中に蓄積されるためです。野菜や果物に含まれるビタミンAは体の中で変換されるので、過剰摂取の心配はありません。

2.ビタミンE

動脈硬化などの原因となる活性酸素が作られるのを防ぎ、血管の老化を防止します。若返りのビタミンともいわれています。

3.タウリン

血中コレステロールの低下、血圧の正常化を保つアミノ酸です。イカ、タコ、カキなどにも多く含まれます。疲労回復効果もあり、栄養ドリンクにも含まれています。

風味を引き出す正体は、メチオニン

ちなみに、うに独特の苦みや風味を引き出す正体は「メチオニン」というものです。実は、うにのエキスから「メチオニン」を除いてしまうと、エビやカニのような味になってしまうそうです。驚きですよね。

うにお取り寄せのまとめ


うにをおいしく食べるためには、お取り寄せすることが一番だと思いました。理由はなんといっても、北海道からの産地直送のお取り寄せで新鮮なうにを手に入れられると思うからです。
多くのウェブサイトでは「配達指定ができません」という注意書きがありました。お客様に新鮮なものをお届けしたい、業者の方々のプロ意識を感じました。ぜひ、うにの販売を行うお取り寄せサイトをご覧になり、お気に入りのお取り寄せウェブサイトを見つけてみてください。そしてぜひ、お取り寄せをしてみて、新鮮なうにを味わってみてください。
うにが好きな人、苦手な人、様々いらっしゃると思いますが、先入観を捨てることで、きっと新たな発見ができるのではないでしょうか。
皆さんに素敵なお取り寄せ商品との出会いがありますよう、願っております!