魚卵 種類


あなたはいくつ知っている?種類豊富な魚卵の世界

プチプチと口の中ではじける食感、独特の風味が大人気の魚卵。また日本酒、ビール、焼酎など、多くの種類のお酒やご飯も合う万能食材でもあります。

ところで、魚卵の種類といえば?と聞かれると、皆様は何が思い浮かびますか。知れば活用できること間違いなし、魚卵の種類をご紹介いたします

そもそも魚卵の定義って

海には様々な種類の魚がいます。その魚たちの卵が魚卵となるわけですが、そもそも魚卵に定義はあるのでしょうか? 一般的に魚卵というのは、魚が産卵する前の魚介類の卵巣にある状態の卵のことを指します。なぜなら日本人は、産卵後の卵を食することがほとんどないためです。

また魚の種類によっては、卵が有毒である魚種もいます。もちろん、その有毒な種類の卵は食べることができません。しかしそれ以外の魚の卵は、一般的に魚卵として食べることが可能なのです

人気の高い魚卵の種類

魚卵には多くの種類がありますが、みなさんどの魚卵がどの種類の魚知っているでしょうか。ポピュラーな食べ方とともに、まとめてみました。

たらこや明太子

スケソウダラの卵巣を塩漬けにしたものです。唐辛子と漬けたものを明太子といいます。ご飯のお供はもちろん、バターとの相性も良くパスタやタラモサラダなども人気です。

かずのこ

ニシンの卵巣を塩や醤油に漬けたものです。子孫繁栄を意味するおせち料理の1種でもあります。高タンパク低カロリーで、バリバリとした独特の食感が魅力。かずのこを利用した料理の中でも、松前漬けは特に食べていただきたい北海道の郷土料理の一品です。

イクラ

鮭やマスの卵を卵巣から剥がして、塩や醤油で漬けたものです。口の中ではじける、老若男女に大人気の魚卵のイクラ。真っ白なご飯に豪快に乗せて楽しむイクラ丼はもちろん、大根おろしと和えて酒の肴にもピッタリです。

筋子

鮭やマスの卵巣を塩や醤油で漬けたものです。北日本ではコンビニのおにぎりとして販売されていますし、スーパーでもよく見かけるメジャーな種類の魚卵なのです。ねっとりとした濃厚な旨味は、日本酒との相性もバッチリですよ。

ちなみに、同じ鮭やマスの卵である、イクラと筋子の違いについて まず収穫時期が違います。筋子の方が早い時期に収穫するため、イクラに比べて食感が柔らかめです。それと比べてイクラは口の中でプチプチはじける食感が味わえます。 次に卵巣の膜に覆われているかどうか。筋子は、膜に覆われたまま漬けています。そのため独特の風味が、イクラよりも強く味わえます。

からすみ(ボラの卵)

ボラの卵巣を塩漬けしてから、乾燥させたもの。日本三大珍味の一つとして有名ですが、実は海外でも人気の高い魚卵です。濃厚な旨味は、そのままおつまみとして楽しむのはもちろん、パスタとの相性も高く人気があります。 他にもトビウオの卵であるトビッコ、ハタハタの卵であるブリコ。チョウザメの卵であり高級食材のキャビア等も、魚卵の種類に含まれます

魚卵は身体に悪いって本当?

魚卵といえばカロリーが高い、または痛風の人はあまり食べてはいけない。というイメージを持っていませんか?実はそれは、誤解なのです。 大半の種類の魚卵のプリン体含有量は決して多くはなく、1食分で比べるとどちらも納豆より少ないのです。

しかし、多くの種類の魚卵は塩漬けにしたものが多いため、塩分の取り過ぎには気をつける必要があります。とはいえ、魚卵は一度に多くの種類を食べることはなかなか難しいもの。普通にたしなむ程度では、気になさらなくても大丈夫でしょう

魚卵の栄養素の種類

実は多くの種類の魚卵に、我々現代人に必要不可欠な栄養素がぎっしり詰まっています。 どのような栄養素が含まれているのかというと

EPA

動脈硬化の予防や中性脂肪を下げる効果が期待でき、現代人に必要な栄養素といわれています

アスタキサンチン

高い抗酸化作用が期待できます。その高さはなんとビタミンEの500倍とのこと。そのため高い美容効果も期待出来ます

DHA

青魚に含まれることで有名な栄養素。体内の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やす効果があります。 特にEPAとDHAは、人間が体内で作り出すのは不可能に近い必須脂肪酸なのです。 必須脂肪酸は、我々の身体の臓器や器官を形成する上で欠かせない種類の栄養素です。 主に魚の油から摂取できるので、その卵である魚卵にも含まれています。 積極的に多くの種類の魚卵から、摂取していきたい栄養素ですね

先人たちの知恵の結集である魚卵

日本人ほど多くの種類の魚卵を食べる人種はいない、というほど日本人は古くから塩蔵した魚卵を食して生きたと言われています。海に囲まれた海洋大国日本は、昔から新鮮な多くの種類の魚が手に入ったため、魚や魚卵を食べる文化が発達したと言われています。

そんな日本人は、その食文化によって先人から素晴らしい恩恵を受けています。

・日本の子供の知能指数は高い

・日本人には心臓疾患が少ない

このように、日本人が幼少期から魚や魚卵を食べることが、現代には結果として表れているのです。先人たちが多くの知恵や努力を費やし、魚卵の調理法を見出してくれたことで、我々の今の生活があるのかもしれません

魚卵の種類を探すならウオスがオススメ

たくさん種類がある魚卵。 美味しい魚卵を、購入する際に大切な事は何でしょう産地や製法はもちろん、価格も気になる所ですよね。しかし、生鮮食品を購入する際に、一番大切にしていただきたいのは個々のニーズに合った商品を、とにかく新鮮な状態で手に入れるということです。

そのためにはどうしたらいいのか。

それは多くの種類の魚卵、その一つ一つの美味しさを知っているプロに聞くのが一番です。 魚卵は鮮度と製法が、味を左右します。また、魚卵それぞれの種類の旬も重要です。北海道で徹底的に仕入れにこだわり、品質の高い種類の魚卵を全国にお届けできるウオスは、旬の魚卵を常に新鮮な状態でお客様にお届けします。ウオスは、卸のプロならではの目、そして独自のネットワークで、良い食材を適正価格で現場にご提供できるのです

魚卵の種類のまとめ

一言に魚卵といっても、とにかく種類が豊富。風味も味も食感も様々です。 今や専門店もあるほど、人気のある魚卵。是非、あなたの手で新しい魚卵の味を見つけてみてください

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります