トラウトサーモン アトランティックサーモン 違い


※ 上の画像をクリックすると電話がかかります

日本で最も人気の高い美味しい魚のサーモン。このサーモン、トラウトサーモンとアトランティックサーモンの2種類に大きく分けられるのをご存知の方は多いはず。ここではそのトラウトサーモンとアトランティックサーモンの細かな違いと、それぞれの魅力についてご紹介していきます

2種類の海外産サーモン

同じサーモンでもトラウトサーモンとアトランティックサーモン、どういった違いがあるのか、そしてお客様に適したサーモンはどちらなのか、仕入れに役立つ知識から素朴な疑問まで、水産卸元ウオスだから知っているリアルな情報をお届けいたします。日本でよく聞くトラウトサーモンとはどういう魚で、どういう美味しさがあり、どんなお客様にオススメできるのか。また、世界でもっともポピュラーなサーモンでありながらも、日本人にとっては馴染みのないアトランティックサーモンについても同様に、魅力やトラウトサーモンとの違いをご紹介していきます

トラウトサーモン

まず日本で一番食されているトラウトサーモンについてご紹介いたします。 色が濃く、赤に近いオレンジ色が特徴のトラウトサーモンは、上品な脂としっかりとした身が特徴で、海外産ながら見た目も味も食感もすべてが日本人の味覚にマッチした奇跡のサーモンです

国内のみの価格競争であるがゆえに低価格で高品質を実現

実はこのトラウトサーモン、ノルウェーなどの北欧地方で食用に改良・養殖された、ニジマスになります。アトランティックサーモンについてはこの後詳しく解説いたしますが、アトランティックサーモンとの最大の違いは、価格の違いにあります。同じ海外産でも、世界的に好まれているアトランティックサーモンと違い、トラウトサーモンは多くが日本で消費されています。養殖であることに加え、価格競争が国内でしか行われないそうした事情が、トラウトサーモンを安心かつ美味しいリーズナブルなサーモンにしているのです。低価格と高品質が自慢のウオスの十八番ともいえる食材です

トラウトサーモンはこんな方にオススメ!

完全養殖によって柔らかくも食べ応えのある身と、舌の上を滑るようになめらかでさっぱりとした脂、そしてたっぷりの栄養を蓄えた日本人好みのトラウトサーモンは、アトランティックサーモンとの違いである『色の濃さ』が存分に活かせる刺身や寿司など、生食で映えるのが魅力です。また、海外で価格が変わってしまうアトランティックサーモンと違い、ニジマスの完全養殖であるトラウトサーモンは日本国内の事情でのみ値段が変動するため、比較的安価に仕入れることができます

コスパ重視の飲食店様にオススメ

これらの要素から、トラウトサーモンは、サーモンを大量に取り扱う飲食店様や販売店様、日本人の憩いの場である居酒屋様にぴったりの食材だといえます。味や見た目、生態だけでなく、こうした価格の点も、トラウトサーモンとアトランティックサーモンの大きな違いになります。ウオスではこうした違いからお客様に適したサーモンをご提案させていただいておりますので、是非お気軽にご相談ください

アトランティックサーモン

次にアトランティックサーモンの特徴と、トラウトサーモンとの違いについてご紹介していきます。世界でもっとも食べられているサーモンですが、日本ではトラウトサーモンほど馴染みがないため、違いもあまり知られていません。アトランティックサーモンという名の通り、大西洋で獲れるタイセイヨウサケのことを指します

上質な脂と食感をもつ、正真正銘サケのサーモン

見た目や味の違いですが、淡いオレンジ色の身を持つアトランティックサーモンは、トラウトサーモンにも負けない上質な脂と食感を持っており、控えめな色合いとは違い、豪快な味わいを楽しむことができます。一時期、寄生虫や毒素など言われのない悪評が出回ったこともありますが、それは完全に間違った情報で、美味しさと安全性は折り紙付きです。消費に供給が追い付いていないサーモンの現状を変えるべく生まれた養殖ニジマスのトラウトサーモンと違い、アトランティックサーモンは純正なサケである分、やや高値になりがちですが、その分だけ食材としての質は高いのが魅力です

アトランティックサーモンはこんな方にオススメ!

見た目から味まで日本人好みのトラウトサーモンの方が人気ではありますが、アトランティックサーモンが活きる場所も多いのが美食の国・日本です。先にご紹介したように、競争が国内に限定されているトラウトサーモンと違い、アトランティックサーモンは価格が高くなりがちなため、価格を抑えてより多くの方に提供されるお客様にはオススメできません

質を追求する飲食店様にオススメ

一方で、素材にこだわりのあるお客様へは自信を持ってオススメさせていただいております。刺身やお寿司の他、上品にイタリアンやフレンチで仕上げたり、アメリカ風に豪快に焼き上げたりと、各国の味を体現することができるのも魅力で、世界で愛されているのも納得の高品質のアトランティックサーモンは、質を追求される料理長様の探求心を満たしてくれるはずです。価格や生態の違いなど些細なものに思えるほどの美味しさは、『地球で最も食されているサーモン』の面目躍如です。水産卸元の観点から見た両者の違いは、トラウトサーモンは広く、アトランティックサーモンは深く、ということになります

まとめ

いかがでしたでしょうか。トラウトサーモン、アトランティックサーモン、どちらもそれぞれの魅力があるので、各飲食店様の方向性によって仕入れたい商品は変わってくるかと思います。価格重視なのか、質重視なのか、それぞれのパフォーマンスに合わせてウオス仕入れ担当にお伝えいただければ最善のご提案をさせていただきますよ

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります