花咲蟹といえば花咲港!


※ 上の画像をクリックすると電話がかかります

今日本では流通が大変良くなっていて、日本のどこにいても新鮮で美味しいい海産物を食べることが出来ます。高級感があり、めったに食べられないけど、年に数回無性に食べたくなる海産物と言えば「蟹」ですよね。

可愛らしいネーミング!花咲港でしか獲れない!?花咲蟹

タラバガニやズワイガニ、毛ガニなどが有名ですが、その3種類と引けを取らない濃厚な美味しさと食べ応えで人気なのが「花咲蟹」です。蟹の中では珍しい上品で可愛らしいネーミングが特徴的。味わい深く、通の方でもめったに食べられない幻的な蟹とまで言われています。この名前が付けられたのは2つ説があるそうです。 1つは北海道の根室市の花咲港で多く水揚げされる蟹という説。 もう1つはゆでる時に身が赤くなり、まるで赤い花のように見えるため、名付けられたという説。どちらの説でも「うん、確かに」と納得できます。

花咲蟹の旬は主に夏

花咲蟹は主に北海道の花咲港とロシアで漁がおこなわれており、漁期が限られおり、流通量も少ないため、とても高級感があり、貴重な種類と言えます。花咲蟹が食べたい!と思っても、年柄年中美味しい花咲蟹を口に出来るわけではないのです。 それは本場花咲港にいる漁師も同じです。 通常蟹というのは冬が旬で沢山獲れるイメージがありますが、花咲蟹の漁期はなんと夏。

活花咲ガニを食べるなら3~9月までに

花咲港のある根室では7月から9月まで。釧路では3月半ばから7月後半までとなります。 冷凍ものであれば年間を通して何とか手に入れることが出来ますが、冷凍をせず、ボイルして冷蔵状態のものや活きたままの新鮮な花咲蟹をお取り寄せしたい!となれば場所を調べて、3~9月までの間となります。

北海道の美味しい水産物を取り扱っている産地直送の通販サイトであれば、美味しい花咲蟹をお取り寄せすることが出来ます。

花咲蟹は超人気商品

北海道の産地直送の通販サイトであればこれぞ花咲蟹!という極上の蟹を手に入れることは可能ですが、ズワイガニやタラバガニや毛ガニなどと比較すると流通量がとにかく少ないため、理想的な大きさと値段の花咲蟹を手に入れたくても、すぐに売り切れてしまう場合があります。

流通量が少ない理由としては、水揚げが北海道でも根室の花咲港のみだったり、花咲港以外では海外産となってしまうということがあげられます

競争率は高いけど、一度食べる価値アリ

そんな主に花咲港で水揚げされる花咲蟹は独特な味わいがあり、はまると毎年是が非でも食べたくなるため、花咲蟹の時期が花咲港に到来すると、我先に食べたいという方で注文が殺到します。そのため入荷されて数分・数時間で売り切れてしまうお店も多いのです。

さらに夏場はお中元シーズンが到来するため、自分だけが食べるのではなく、お中元として花咲蟹を本場花咲港で水揚げされたもので!と注文する人も増え、競争率が高まるのです

花咲ガニを手に入れるには、こまめにサイトチェックが必要です

花咲港で旬を迎えた美味しい花咲蟹を食べたい・大切な人に食べてもらいたいので贈りたいと願うのであれば、1つのサイトだけではなく、複数の北海道の蟹の通販サイトや水産物通販サイトをこまめにチェックしておくことが大切です。

1つの通販サイトで売り切れていたら、すぐに違うサイトで購入できるよう前もって準備をしておくと購入できる確率が高くなります。 また、時間があるときに問い合わせをして予約などが出来るかなどを確かめておくと良いでしょう。花咲港についての近況などがわかるサイトなども参考になります。

花咲蟹はオスとメスだとどちらが人気?

花咲蟹というのはオスとメスでは一体どちらが美味しいのでしょうか。 花咲蟹は蟹の中でもオスとメスで味に大きな違いがあると言われており、好みはまちまち。 しかし、人気が高く、値段も高いのが花咲蟹のメスです。 花咲蟹の脚を堪能したいのであればオスのほうが良いですが、メスの花咲蟹にはオスにはない珍味として希少価値のある外子と内子があります。これが花咲港の漁師に人気らしいんですよね。お酒のつまみに抜群なんだとか。

花咲蟹の外子と内子ってな~に?

外子は卵で内子は卵巣。外子はプチプチしており、お子様にも喜ばれますが、大人の方には内子の方が深い味わいがあるため特に好まれ、珍味として大人気となっています。したがって花咲蟹を堪能するのであれば、オスとメスの両方を購入するのがベスト。

夫婦セットといったネーミングなどで通販でも良くセットで売られています。セットだとお金がさらにかかってしまいますが、値段以上の美味しさと満足感を得ること間違えなしです。

様々な料理に使用できる花咲蟹

花咲蟹はこの料理の仕方では美味しくないという決まりはなく、様々な料理に使用できる便利な蟹です。 しかし花咲蟹本来の味をそのまま堪能したいというのであればまず、最初に茹でたてや茹でてあるものをそのまま味わってみるのがおすすめです。内子や外子もそのまま、あるいはほんの少しお醤油やわさび醤油を付けて食べると風味と塩気が加わり、さらに美味しくいただけます。

食べきれない場合はそれぞれに醤油漬けにしてみましょう。上質のお醤油で漬けるのがおすすめです。好みによってみりんを加え冷蔵庫で1~2日そのままにしておくと出来上がりです。熱々のご飯に乗せて食べると最高。パスタにからめるのも美味しいですし、お酒のつまみとしてお豆腐の上に乗せても最高です

身は天ぷらやグラタン、ピラフや炊き込みご飯に混ぜたり、サラダと和えるなどお好みの料理に加えて楽しみましょう。 残った殻は鍋に入ったお水と共に煮ればおいしい「だし」が出ますのでお吸い物やお味噌汁、なべ物のだし汁としてお楽しみください。最後まで美味しく、楽しく食べられる花咲蟹。

花咲港の花咲蟹、是非一度お試しあれ

もしも旬の時期に北海道に行く機会があれば、花咲港まで足を運んでみるのもおすすめです。まだ花咲蟹を食べたことの無い方は、ぜひ一度花咲港で旬を迎える日を調査してお取り寄せしてみてください。

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります