魚を安く仕入れる


ホタテ貝柱Aフレ 5.0kg

新巻鮭 10kg5尾

紅鮭フィレ 8.0kg 8~10枚

数の子松前漬 5.0kg

魚はパッケージのまま買う必要は無いです

魚を安く仕入れる

皆さん、魚が食べたい時に魚を買いに行くとは思いますが、量が多くて諦める事もあるかと思います。しかし、意外な事で魚を安く仕入れる事が出来ます。その方法とは、鮮魚コーナーの方に小分け販売を申し出る事です。

たった、これだけ?と思うかもしれませんが意外にあっさりと小分けにしてくれますので必要な分の魚を安く仕入れる事が出来ます。勿論、これはスーパー等の鮮魚コーナーに限った話ではなく鮮魚店などでもよく見かける光景ではあります。

ホタテ貝柱Aフレ 5.0kg

紅鮭フィレ 8.0kg 8~10枚

根ボッケ 2.5kg5枚

きんき開き 2.5kg5枚

昔と違い、家族人数も少なくなってきていますので一度に大量の数を販売するのではなく、小分けでも販売する事で商品のロスを減らすことが出来ます。消費者側としては、大量の魚の数に頭を悩ませないで済みますし魚を安く仕入れる事も出来たので結果的には問題なしかと思います。

しかし、もし大家族で一度に使う量が多いのであれば漁師直送の通販サイト、ウオスを利用してみる事をお勧めします。グラム単価でみると安くなる場合も多いのでお勧めです

魚を安く仕入れる

中間取扱業者は少ない方が安く買えます

魚を安く仕入れる
日本で物を買う際には、どうしても生産者から消費者までの間で卸業者が入ってしまい物の値段が上がってしまう事が多いです。これは鮮魚でも同じことで魚を安く仕入れるには中間業者が少なければ少ない程、魚の値段は安くなりますので、魚を安く仕入れるならば理想は漁師から直接仕入れる事なのですが、どうしても距離上の問題や仕事の兼ね合いなどで現地で顔を合わせての購入は難しいと思います

真ホッケ開き 5枚

サバ開き 5枚

きんき開き 2.5kg5枚

根ボッケ 2.5kg5枚

しかし、最近であれば漁師が直接消費者に向けて販売するインターネットの通販サイトが多く出てきていますので遠方で魚が食べたいけれど、極力魚を安く仕入れるのであればそういったサイトを利用してみては如何でしょうか。活きの良い魚介や海の幸が簡単に手に入れられますので見てみるだけでもお勧めします

旬の時期に旬の物を買ってみては

魚を安く仕入れる

魚を安く仕入れる際には、買いたい魚の旬の時期になるべく買われる事をお勧めします。旬の時期には買いたい魚の流通量も多くなりますので、一般的に市場価格が下がりやすい傾向にあります。その際には、店頭でも通販でも値段は落ち着いていきますので、魚を安く仕入れる事が簡単に出来るかと思います

ズワイガニ足 3.0kg

毛ガニ 1.0kg

松前漬 1.0kg

タラコ 2.0kg

反対に、旬ではない時期に買いたいとなると価格はそこそこによってバラバラになりますので注意が必要です。また、そういった際には店頭で探すよりもインターネット通販のとりわけ漁師から直接買い付けているサイトで検索した方が流通に載らないであろう少量の漁獲高でも販売しているケースが御座いますので店頭よりも魚を安く仕入れる事が出来るかと思います。先ずはインターネット通販を見てみるのも一つの手段かと思います

複数人数で買ってのシェアも

魚を安く仕入れる


どうしても今日の買い物といいますと、個人や少人数の家族での場合も考えての買い物となり必要な食材を都度購入するので、結局は割高になるケースが多々見受けられます。食材全般とりわけ魚に関しては足が速い食材ですので、今すぐとは難しいかも知れませんが複数人数での購入をお勧めします。複数人数で一定量を購入しシェアする事で、一人当たりの単価を抑え魚を安く仕入れる事が出来る場合があります。特に漁師直営のネット通販等では、内容量が記載されていますので其処から費用を等分してみると店頭で買う時よりも魚を安く仕入れる事が出来ている場合もあります。ご家族・ご友人などで買い物のタイミングが都合付くのであれば、ネット通販でのシェアも検討してみると魚を安く仕入れる事が出来ますので家計の足しに繋がると思います

魚を安く仕入れる

海が無い地域の方こそ、ネット通販の出番です

魚を安く仕入れる


日本は島国ではありますが、全てが海に面している地域ではありませんので魚を安く仕入れる事が非常に難しい地域があります。以前であれば、諦めて割高の商品を購入していたかと思いますが現在はネット通販がありますので、魚を十分に安く仕入れることがし易くなってきています。勿論、生ものですので鮮度が大事にはなってきます。そういった際には、漁師から直接買い付けていて出荷までの工程が少ないインターネット通販を探して使う事をお勧めします。おおよそのサイトには水揚げから出荷までの工程が紹介されていますので参考にしつつ見てみる事をお勧めします。

出荷から到着までの間に中間取扱業者が入ると鮮度もそうですが料金も上がりますので十分に注意して比較してみてみる事をお勧めします。漁師から買い付けし出荷までの工程や日数が少ない方が味も良く、費用も抑えられますので魚を安く仕入れる事が出来る上に美味しい商品に出会えます。ですので、海から距離が遠いからといって海産物の入手を諦めてしまう時代ではありませんので先ずはインターネット通販で検索してみて貰い、その上で漁師直営サイトから購入してみる事をお勧めします。きっと、満足できるクオリティの商品が届くと思います