ウニの旬


ウニと言えば海鮮の中でも高級食材を連想させ、寿司ネタや海鮮丼での人気の食材の一つですが、そのウニの旬や産地はご存知ですか?

国内のウニの漁獲量は北海道が第1位です。北海道は国内漁獲量の半分以上のシェアを占めていますが、東北から九州にかけて全国各地で水揚げされています。

今回はウニの旬や産地についてくわしくご紹介したいと思います

旬のウニにはどんな種類がある?

ウニは世界中で800種類はあるとされています。日本国内で食用とされている主なウニの種類はキタムラサキウニ、ムラサキウニ、バフンウニ、エゾバフンウニの4種類です

種類や旬が異なると味わい方も変わり、より旬のウニを楽しむことができます。次に日本各地のウニの旬について詳しくご紹介します

北海道のウニの旬

ウニの国内水揚げ量第1位を誇る北海道ですが、道内各地でもウニの水揚げ時期が異なります

  • 1月~6月 羅臼
  • 3月下旬~5月 襟裳・日高
  • 4月~6月 礼文島・雄武
  • 6月~8月 利尻島・礼文島・積丹・小樽・岩内
  • 5月~7月 江差
  • 7月~8月 奥尻島
  • 9月末~11月 松前

中でも、松前を始めとした函館付近の漁港ではキタムラサキウニの水揚げ量が道内でも群を抜いており、このキタムラサキウニはあっさりとした味わいで、オレンジが弱まった色合いをしていることから、白ウニと呼ばれています。

それとは反対に羅臼を始めとした根室管内の漁港ではエゾバフンウニが水揚げされ、濃厚な味わいで、色味が濃く赤ウニと呼ばれています。

ウニの中でもこれら2種類のウニが国産の中心となっていまが、北海道では一年中ウニの旬なので、ウオスではその時期その時期、お客様がお求めの旬のウニをご提案させていただきます

東北地方のウニの旬

北海道に次いでウニの有数の産地である東北地方ですが、太平洋側の三陸沖でキタムラサキウニが主に水揚げされております。キタムラサキウニの特徴は身が黄色く、ウニ特有の臭みや苦味がなく食べやすいことで知られています。三陸沿岸のウニの旬は、6月中旬〜8月中旬とされています。

また、青森県で漁獲されるのは主にキタムラサキウニとエゾバフンウニの2種類であり、春から夏にかけてウニの旬とされています

北陸地方のウニの旬

北陸地方で有名なのは、日本三大珍味のひとつ、バフンウニを塩漬けした越前ウニです。古くからある製法で日持ちを向上させるために作ったのが初まりとされています。

このバフンウニの旬と言われているのが、7月下旬から8月中旬と他の地域と比較して、短い期間になっています

瀬戸内海のウニの旬

瀬戸内海では山口県の漁獲量が多く、主に、ムラサキウニ、バフンウニ、アカウニが水揚げされます。瀬戸内海では8月がウニの旬とされており、特にアカウニは味が濃厚で水揚げ量も少なく希少な旬のウニです

九州地方のウニの旬

北海道、東北と続いて漁獲量が多いのが長崎県や熊本県になります。長崎の五島列島では5月から6月にかけて、熊本の天草地方では3月下旬ころが上品な味わいのムラサキウニの旬とされています

旬のウニ 選び方のポイントは?

旬のウニは身入りがよく、栄養価も高いので、ぜひお試し頂きたいのですが、ウニは開けてみないと中身が分からない、というのが難点です。見分けるポイントはとげが動いているものや立っているもが良いです。

そして、持った時に軽くて小さいものは、身も細い可能性があるので、触れる場合は手にとってみるのがウオス流です。漁師さんや市場とのネットワークが豊富なウオスだからこそ、目で確かめ、耳で確かめ、手で確かめることができるのです。

また、旬のウニは塩水漬け加工して販売しており、飲食店様はほぼ盛り付けるだけの便利な一品です。ひと手間加えるとしたら、軽く冷水にくぐらせ塩水を洗い流すことでよりおいしく食べることができます。人手不足の時にはお役立て下さい

旬のウニの美味しい食べ方1

ウニが旬の時期にオススメなのが海鮮丼です。ついたっぷり盛り付けたくなりますが、海鮮類の中でも原価が高めになってしまうのがウニです。海鮮と言っても錦糸卵やキュウリなどで、ボリュームを出してランチの目玉として旬のウニはいかがですか?

旬のウニの美味しい食べ方2

ウニが旬の時期にオススメなのが、ウニのクリームパスタです。塩水加工されているウニであれば少量でも味が引き立ちます。クリームに溶けている旬のウニは口溶けまろやかです。ウニと聞くと高カロリー、高コレステロールなのでは?と敬遠する方もいるかもしれませんが、高級食材で一度にたくさん食べるものではないと思いますので、大量に食べるのでなければ、気にせず召し上がって頂けます

旬のウニの美味しい食べ方3

ウニが旬の時期にオススメなのがウニご飯です。生で食べるのも良いのですが、炊き込みご飯にすると生臭さもなく、濃厚で風味豊かな旬のウニが味わえます

ウオスでは中間業者を挟まずに市場へ直接買い付け行くことで、鮮度や価格には自信を持っております。価格やメニュー開発で今までウニの仕入れを断念されていたご担当者様、まずはウオスにご相談頂ければお力添えさせて頂きます

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります