居酒屋の原価を下げる方法


食べ物の値段が上昇傾向にある中、売り上げが伸び悩んだり、人件費や固定費、食材原価を下げるにはどのようにしたらお悩みのご担当者様は多いことかと思います。

しかし、むやみに食材の質を落としたり、料理の値上げをしたりしてしまうと、お客様の評判を落としてしまいます。料理の品質や、接客のサービスは維持しながら、居酒屋の原価を下げる方法から取り組むことが大切です

これから、居酒屋の原価を下げる方法をいくつかご紹介致しますので、気になる居酒屋の原価を下げる方法があればぜひ一度お試しください

居酒屋の原価を下げる方法1

食材の原価率はトータルで3割を目指すこと

食材の原価率は3割、とよく耳にすることがあるかと思いますが、そこにこだわりすぎないことがポイントとなります。過度に原価を下げようとすると、料理が貧相に見えたり、味に影響を及ぼしてしまう可能性もあります

原価の高いもの、低いものをうまく組み合わせてトータルで3割程度に抑えることで居酒屋の原価を下げる方法につながるでしょう

居酒屋の原価を下げる方法2

食材の使い回しがしやすいものを仕入れるようにする

お店のコンセプトにもよりますが、一つのメニューにしか使えない珍しい食材はうまく使わないと廃棄になりやすく、結果として原価が上がってしまいます

例えば、人参であれば、人参サラダやバターで焼いて付け合わせにしたり、煮物にしたりと色々な料理に使え、無駄がでません

居酒屋の原価を下げる方法として、同じ食材を使ったメニューを考案することで、食材を有効活用でき、原価を下げることにつながります

居酒屋の原価を下げる方法3

食材は無駄なく使うこと

例えば、魚を一匹仕入れた場合、身を料理として提供すると頭や内臓部分は廃棄することになります

そこで捨てずにあら汁にしたり、出汁として再利用することができます。他にも余った野菜は漬物にしたり、かき揚げにすることもできます

居酒屋の原価を下げる方法として、いつも捨てていたものを再利用することで原価率を下げることにつながります

居酒屋の原価を下げる方法4

仕入れの適正量を把握すること

日々の分析をきちんと行うことでお客さんの流れや、売れ筋のメニューなど把握することができるでしょう。それをもとに、仕入れは少なめに行うことがポイントとなります。

売れ筋をいくつか作ることで、一つが売り切れてもお客様の満足度が大幅に下がることはないでしょう。

ある程度の量で仕入れた方が安いこともありますが、どのくらいの期間で使い切ることができるか、今すぐ必要なのかを考えながら購入しましょう。特に、賞味期限が短い食材や、保存がきかない野菜や生ものの仕入れの際には注意が必要です

居酒屋の原価を下げる方法5

旬のものは旬の時期に取り入れること

旬のものは栄養価も高く、たくさん出回ることで価格も下がり仕入れも行いやすく、居酒屋の原価を下げる方法の一つです

季節ごとに旬の食材があるのは四季のある日本特有の楽しみ方で、集客にもつながるでしょう

居酒屋の原価を下げる方法6

冷凍を上手に利用すること

冷凍食品は旨みや食感を損なわずに急速凍結されていることが多く、使いたい時に使いたい分だけ調理でき、無駄が出にくくなります

近年の冷凍技術の進歩は本当に素晴らしく、冷凍して解凍しても水揚げ時の食感や味わいをそのまま感じることができるほどとなっています

さらに、居酒屋の原価を下げる方法として、手作りしたソース類など冷凍しても味が変わりにくいものは一人前などの小分けにして冷凍保存しましょう。そうすることで、廃棄せずに使い切ることができます

居酒屋の原価を下げる方法7

売上を上げること

ただ売上を上げればいいわけではありません。居酒屋の原価を下げる方法として、仕入原価の安いものを多く売ることがポイントとなります

メニュー表にほんの一手間加えてあげるだけで、大幅に売上が変わった!と言われる飲食店様もいます

お客様への声掛けやチラシなどを活用し、アピールすることも大切です。店舗様の”ほんの一手間”で大きな売上につなげることも十分に可能です

居酒屋の原価を下げる方法8

定期的に仕入れ先の見直しをすること

付き合いが長くなると融通をきかせてくれることもありますが、居酒屋の原価を下げる方法として、他社の見積もりをとり、比較することで値下げ交渉がしやすくなり、また、相場価格に合っているのか確かめることもできます

他社比較も通販での仕入れなら簡単です。通販サイトを見て良いと思ったら、直接電話問い合わせしてみることもお勧めです

居酒屋の原価を下げる方法9

盛り付けを適正量にすること

一人前の使用料をもとに原価を出すと思いますが、感覚で盛り付けしてしまうとそれが積み重なり想定より高い原価になってしまいます

居酒屋の原価を下げる方法として従業員皆で適正量を共有し、調理、盛り付けするようにしましょう
水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります