魚仕入れ 大阪


瀬戸内海とは違った北海道の海産物

魚仕入れ 大阪
互いにグルメの土地であり、観光の目玉に「食べる」ことが挙げられるなど、文化や地域性など何から何まで違っているように思えて意外に接点が多い北海道と大阪。北海道には大自然に生きる様々な海産物があり、大阪には瀬戸内海産をはじめとする西日本の美味しい魚介類が集まるため、魚仕入れで互いに協力することで盤石の態勢を作ることができます。

・大阪で北海道の海産物を使っていること
・北海道から大阪まで運んでも新鮮なままであること

この2つが揃うことは抜群の話題性となるはずで、それを可能にするのが弊社による魚仕入れなのです。大阪で生まれたグルメが北海道でも根付いているように、北海道の食材が大阪でも根付くよう、これまで大阪への魚仕入れで扱ってきた食材や、もっと大阪の方々に知ってほしい北海道の海産物をご紹介していきます。

ソウルフードタコ

大阪と魚介類の2つのワードが並んだら、真っ先に連想する魚仕入れの食材はやはりタコですよね。お隣兵庫県明石市のマダコがあるため、魚仕入れの要衝地である北海道といえども、こと大阪に向けたタコの仕入れでは出る幕はないと思われているかもしれませんが、そこに割って入っていけるだけのポテンシャルを持っているのが北海道のミズダコなのです。
名前の通り、水っぽくて柔らかい食感をしているミズダコは、その柔らかさゆえに大阪のタコグルメの定番であるタコ焼きのみならず様々な調理法にて変身を遂げます。
魚仕入れ 大阪
聞くところによるとタコ焼き以外にも活きダコやタコしゃぶなど、様々なタコグルメが大阪で人気を集めているようではありませんか。そのタコグルメの中には、マダコよりもミズダコの方が最大値を引き出せる料理もあるはず。実際の魚仕入れでも、大阪のお客様からタコの注文を承った実績も多数ございます。
鮮度、品質、価格に不安をお持ちの方にも安心してご利用いただけます。

大自然の旨味が凝縮されたホタテと牡蠣

魚仕入れ 大阪大阪では瀬戸内の海から獲れるアサリや牡蠣などの2枚貝も重要な食材かと思います。カニや鮭などの魚仕入れ不動の人気食材に隠れがちですが、北海道の貝も胸を張って全国に送り出せる美味しさです。特にホタテは北海道ではポピュラーな食材で、魚仕入れで道内を飛び交っています。当然、大阪近隣の海で獲れたものとは味わいが変わってきます。肉かと思ってしまうような食べ応えと、北海道の大自然を感じられる濃厚な風味があるホタテと「あれ、これミルクから作った?」と錯覚してしまうほどクリーミーな味わいの牡蠣を、大阪までスピード&保存技術によって新鮮さを保ったままお届けいたします。
魚仕入れ 大阪北海道の牡蠣やホタテを味わえるとなれば、大阪に渦巻く食い倒れの空気を刺激する魅力的な魚仕入れになるのではないでしょうか。
さらには春から夏にかけてと、年末から春先にかけての2度の旬がある2つの貝は旅行シーズンにも上手く重なります。弊社の魚仕入れを利用して「北海道から仕入れた貝(甲斐)がありました」と洒落を言っていただくのが何よりの幸せです。

調理の幅も、楽しみ方の幅も広いししゃも

魚仕入れ 大阪
日本のみならず、世界でも北海道近海と樺太でしか獲れない非常に珍しいししゃもは、鮮魚としても乾物としても魚仕入れで珍重される人気の魚です。このししゃも、北海道の魚仕入れの中でもちょっと特殊なのです。というのも、豊富なレシピが存在し、調理の幅が広いこともそうですが、なによりも食べ方の幅が広いのです。柔らかさと香ばしさ、ぷちぷちとした食感を楽しめる焼きししゃもは、醤油、塩やコショウ、柚子胡椒をつけたり、人によってはマヨネーズにつけたりと、千差万別な食べ方がされます。

国内はもちろん、欧米からも非常に多くの観光客が訪れる大阪でこそ、そうした自由な食べ方が真価を発揮するはずです。アイディア次第で無限の楽しみ方があり、乾物などの加工品もお土産としての実用性も高い点も、観光地である大阪にぴったりの食材ではないでしょうか。大阪への魚仕入れでの実績も多いため、自身を持ってオススメできる食材です。

きんき仕入れ

魚仕入れ 大阪魚仕入れに携わるものでなくとも、北海道に暮らす人にとって西日本を中心に親しまれている『鯛』は憧れの魚です。大阪の魚仕入れなどで鯛は注目の食材として扱われているかもしれませんが、北海道では手の届かない魚として羨望の眼差しで見られる食材です。
しかし、それでも北海道が魚仕入れで鯛を追うことに躍起にならない最大の理由に、北海道の高級魚きんき(正式名称:きちじ)の存在が挙げられます。鯛、のどぐろと並ぶ高級魚で、ほくほくの身から溢れ出す極上の脂は、鯛やのどぐろに引けを取らない美味しさです。
魚仕入れ 大阪まだまだ大阪での知名度は高くはないとは思いますが、すでにきんき料理も大阪に進出しているということで、是非魚仕入れの選択肢に加えていただきたいと思っております。特に旬を迎える11月から翌1月までの間は、鯛をも凌ぐ美味しさを蓄えているきんきを堪能できます。きんきという愛称も、近畿と相性が良いとは思いませんか?


0118137411
1クリックで電話発信が可能です。

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります