釣りきんき 相場


釣りきんきの相場

今やスーパーなどではほとんど手に入らず、高級魚を取り扱っているワンランク上の魚店や産地直送通販、デパートなどをよく調べれば手に入れることが出来ます。きんきの相場は1尾300g程度のものが2000~2500円程。1キロで1万円以上する時もあります。
釣りきんき 相場
さらにきんきの中でも網走だけの登録商標である高級ブランドの「釣りきんき」は高額。
この釣りきんきは別名”赤い宝石”とも言われるほどの高級魚です。大きさ、水揚げ量などによって釣りきんきの相場は違います。

例えば

特大サイズ700~800gの釣りきんきの相場は約15000円~16000円。
大サイズ500~600gの釣りきんきの相場は約8000円。
中サイズの釣400gのきんきの相場は約5000円程です。
しかしこれは大よその目安であり、きんきの中でも特に釣りきんきの場合は、相場はこう!と一概に言えない、入荷・価格が不安定な貴重なお魚なのです

高級ブランド釣りきんきとは?

釣りきんき 相場
美味しくて姿も宝石のように美しい超高級ブランド釣りきんき。
地元北海道網走の方でも、相場に波があり、高価な釣りきんきはなかなか口にすることが出来ない高級魚の中でも特に高級で価値の高いお魚です。しかし、相場がどうであれ、価格がどうであれ、一生に一度で良いから食べてみたいお魚ですよね。釣りきんきの脂は他の白身魚の倍以上あるのですが、たっぷりなのにしつこくなく、柔らかい舌触りで食べやすさも抜群です。

釣りきんきは網走漁協が2006年に商標登録し網走沖産のきんきです。登録をされた4隻の船で獲られたきんきのみが「釣りきんき」として呼ぶことが可能です。漁の方法も特別で釣りきんき自体にキズが付かないように延縄漁という方法で獲られています。延縄漁は1尾ずつ丁寧に手間をかけて釣り上げるので、傷を最小限にし、綺麗な状態で釣ることが出来ます

贈答用にすると大変喜ばれる釣りきんき

釣りきんき 相場
北海道に行くことが出来ず、新鮮な釣りきんきを思い切って手に入れたい!という場合には北海道の海産物通販サイトを調べてみるのが一番早く、確実性もあり、上質のものを手に入れることが出来ます。釣りきんきを販売している北海道の海産物通販サイトを調べ上げ、価格を比較し、相場を見ること。価格が不安定と記載してある場合は、直接通販サイトに相場・価格を問い合わせてみましょう。

海産物通販サイトのランキングがわかる、海産物通販人気ランキングサイトの上位にランキングしているサイトであれば、釣りきんきの価格や相場を比較することが出来ますし、最もよい保存方法で迅速に丁寧に送ってもらえます。
ご家族で何か特別なお祝い事があるという場合に釣りきんきは最高に縁起が良く、美味しいお魚ですので北海度海産物通販サイトなどで相場などをきちんと比較し、是非一度購入してみてはいかがでしょうか

美味しい釣りきんきの調理方法は?

通販サイトなどで相場や発送方法などを良く調べ、比較検討し、何とか思い切って高級ブランドの釣りきんきが手に入ったらどのような調理方法が美味しいのでしょうか。いくつかの調理方法をご紹介しましょう。

<釣りきんきのお造り>
新鮮な釣りきんきであればやはりまずはお造りです。
丁寧に鱗を取った後えらと内臓を取り、綺麗にお水で洗い流します。
背びれは危険なので調理ばさみで切っておくと安心です。
その後3枚におろし、ハラスを取り、皮に熱湯をかけてから氷水にくぐらせ、身を切り、できあがりです。
<釣りきんきの煮つけ>
釣りきんきといえばやっぱり代表的な料理と言えば煮つけです。
鍋にお水、お酒、しょうゆ、砂糖、みりんを加え火にかけ、煮立ったところにお腹に切り込みを入れた釣りきんきを入れます。
落し蓋をして鍋から離れず、煮汁を回しかけながら煮て出来上がりです。
<釣りきんきの塩焼き>
アジの開きのように開いてから塩をし、網でじっくりと焼きます。皮もパリッと美味しく焼き立ての味は格別です。
<釣りきんきの湯煮>
塩を加えたお水を火に掛け、沸騰したら下ごしらえを終えたきんきを加えて10分弱茹でます。その後お皿に乗せてお醤油やオイスターソース、ポン酢などお好みのものを掛けて食べます。
きんきの風味とそのものの美味しさを堪能したい場合は是非チャレンジしてみてください。
残ったお湯は捨てない事。お味噌汁やお鍋、野菜の煮物などのだし汁として使用しましょう。

その他に釣りきんきはカルパッチョや握りずし、炊き込みご飯など様々な料理に使用できます。まだ釣りきんきを食べたことが無いという方、冬に大きなお祝い事などがある方などは、まずは釣りきんきの相場をインターネットなどで調べてみてはいかがでしょうか。
釣りきんきの相場を調べて、今ならこの値段なら買える!という釣りきんき商品に出会えたら迷わずに購入してみましょう

きんきの特徴

釣りきんき 相場
様々な海産物に恵まれた北海道。カニやホタテ、牡蠣や雲丹など、ごちそうと言われる海産物の宝庫です。しかし、それだけでなくほっぺたが落ちるほど美味しいお魚も豊富にあります。数あるお魚の中で一押しなのがきんきです。
きんきは全体が鮮やかな赤色で丸く大きく飛び出た目が特徴的。思わず目を合わせてしまうとドキッとしてしまいます。普段目は飛び出ていないのですが、水揚げされた直後は大きく、目が飛び出た状態になります。この目が飛び出た状態は鮮度が良いという証拠。きんきを購入する際にこれぞ新鮮!というきんきを見分けるポイントになります。きんきは時間が経過するにつれ、目が人間でいうと疲れ目の時のような、くぼんだ状態になってきます。また、きんきの身体の赤は鮮度が良い時ほど鮮やかですが、時間が経過していくと赤色が薄れてオレンジ色に変化していきます。美味しいきんきを食べたいときは目が大きく、真っ赤なものを選ぶことが大切です

きんきの水揚げと相場の兼ね合い

きんきは日本では北海道が一番多く水揚げされています。不思議と日本海側ではあまり獲れずにほとんどが太平洋側で獲れるお魚です。浅くても水深150メートル、深ければ水深600メートルほどで生息している深海魚です。旬は冬。きんきは冬になるとたっぷりと脂がのり、最高の味わいを楽しめ、不飽和脂肪酸やビタミンDなどを多く含み、栄養も豊富です。
釣りきんき 相場
きんきは昔大量に水揚げされていたので、かまぼこの材料としても使用されていました。そのせいか相場も安いことがあたり前で最近の相場と比べてみると驚かれる方もいます。昔は、きんきといえば誰でも気軽に美味しく食べられる便利で安価なお魚だったのです。しかし現在は極端に水揚げ量が激減。そのため相場も激高。普段の食事には気軽に出せない高級魚となっています


0118137411
1クリックで電話発信が可能です。

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります