高級魚きんきで贅沢なおにぎり


きんきは鮮やかな真紅の高級魚です。脂のりが良い白身魚で、コクのある深い味わいが絶品です。今回は高級魚きんきをおにぎりの具にして、ちょっと贅沢なおにぎりをご紹介します

きんきの美味しさは金メダル級

今回おにぎりの具となるきんきは別名を喜知次といい、漢字ではきんきを黄金魚と書きます。確かに金メダル級に美味しいので納得のネーミングですね。特に網走の釣りきんきの味は格別です。 見た目は金目鯛ともよく似ていますが、きんきの方が赤色が濃く、産地も金目鯛が関東中心であるのに対し、きんきは主に北海道で獲れます。

また、きんきは白身魚ですが、青魚に匹敵する不飽和脂肪酸を含む栄養価の高い魚です。 おにぎりの具にするには少し贅沢過ぎるかもしれませんが、栄養があって美味しい高級魚きんきをおにぎりの具にして上品なお味の一品を作ってみましょう

きんきの煮付けをおにぎりの具に

最近コンビニで、金目鯛の煮付けをおにぎりの具にした高級おにぎりを見つけました。金目鯛より更に高級なきんきの煮付けをおにぎりの具にすれば、お味も確実に金目鯛の上を行く超高級おにぎりになるでしょう。 きんきは身離れがよく、おにぎりの具にしやすい魚です。こってりと煮付けた美味しいきんきをおにぎりの具にすれば、極上の味を堪能できます

きんきのから揚げをおにぎりの具に

小さめのきんきが手に入った時は、から揚げをおにぎりの具にするのもおすすめです。小さいきんきは食べられる身の部分が少ないので、丸ごと揚げておにぎりの具にすれば、頭や骨も食べられます。 きんきはうろこと内臓をとってサッと洗い、水気を切って油で揚げます。新鮮なきんきでしたら内臓をとらなくても大丈夫です。カリカリとした食感のきんきの唐揚げをおにぎりの具にすれば香ばしいおにぎりの完成です

美しいピンク色の手まり寿司

きんきをおにぎりの具に使ったメニューで、次にご紹介したいのは、見た目にも愛らしい手まり寿司です。厳密にはおにぎりの具ではありませんが、寿司飯でふんわりと握った手まり寿司は、高級魚きんきに最も相応しいおにぎりといえるのではないでしょうか

きんきのてまり寿司の作り方

上品な手まりの形に握った寿司飯の上に、きんきの昆布〆を花びらのようにふんわりとのせます。 せっかくのきんきですから、昆布も高級なものを使って作ってみましょう。高級魚きんきが、味も美しさもハイクラスのおにぎりの具になります

きんきを使った料理をおにぎりの具に

今回おにぎりの具に使ったきんきは、脂が乗った大変美味な魚ですので、シンプルな味付けでその美味しさを充分味わうことができます。 酒を振って中華風に蒸し煮にしたり、北海道の斜里町の漁師さんたちの間では「鮭のちゃんちゃん焼き」ならぬ「きんきのちゃんちゃん焼き」が食されているそうです。蒸し煮でふっくらとしたきんきをおにぎりの具にしたり、みそ味のきんきとその煮汁を吸ったキャベツを小さめに刻んでおにぎりの具にするのも、想像しただけで美味しそうです

まとめ

以上、きんきを使ったおにぎりの具をご紹介しました。 きんきは鮮度が命です。仕入れから配送まですべて一社で行うウオスは、極上の美味しさのきんきを最短でお届けします

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります