子どもから大人まで皆で楽しむエビのおにぎり


プリップリの食感と可愛らしい見た目で大人からも子どもからも大人気のエビは、まさに魚介類のアイドルといえるでしょう。エビマヨ、エビチリ、エビ天など、みんなに愛されるエビが主役のお料理を、今回はおにぎりの具にしてみました

エビには栄養が詰まっています

今回おにぎりの具に利用するエビは、大人から子どもまで大人気の食材です。食感や見た目の良さも愛される理由ではありますが、実はもっとすごい健康パワーがつまっているのを御存知ですか? まずエビはタンパク質の宝庫です。

その含有量は鶏むね肉とほぼ同等ですが、脂質に関しては鶏むね肉の半分で100グラム中0.6グラムと超低脂肪なのです。おにぎりの具にはもちろんのこと、ダイエット中の方、筋肉をつけたい方には特におすすめしたい食材です。 また疲労回復のタウリンやビタミンEを豊富に含み、その上エビの殻にはカルシウムがたっぷり詰まっています。どこをとっても栄養満点のエビをおにぎりの具にして、絶品メニューを作りましょう

おにぎりの具にエビマヨを

子どもに人気のエビ料理といえば、何と言ってとエビマヨですね。コンビニなどでも、エビマヨをおにぎりの具にしたものをよく見かけます。 エビを綺麗な赤い色になるまでサッと茹で、小さく刻んでマヨネーズソースと和えます。

プリプリ食感を残すために少し大きめに刻んだものをおにぎりの具にしましょう。 中華のエビマヨのように、エビに片栗粉などの衣をつけて油で炒め、最後にマヨネーズソースを絡めたものをおにぎりの具にするのもおすすめです。コクが出て美味しくなるでしょう

おにぎりの具にエビチリを

エビマヨに負けず劣らず大人気のエビチリは、白いごはんが欲しくなるお料理です。おにぎりの具にすれば勿論美味しくないはずがありません。

本格的なチリソースも良いですが、子どもにも食べやすいおにぎりの具にするにはケチャップの味を濃くした方が良さそうですね。 エビマヨ同様におにぎりの具にするときは、プリプリ食感を残す大きさにカットしましょう

おにぎりの具にエビ天を

エビ天のおにぎりといえば天むすがあります。味付けした小さなエビ天をおにぎりの具にした天むすも幅広い世代から愛されるメニューです。この天むすのアレンジで、とんかつソースやタルタルソースと一緒に小さなエビフライをおにぎりの具にするのはいかがでしょう?天むすのようにエビの尻尾が見えるように握ると、見た目も華やかなおにぎりの具になります。

また新鮮なボタンエビを、殻付きのままサッと揚げた唐揚げをおにぎりの具にするのもおすすめです。尻尾も頭もまるごと食べることができ、殻の香ばしさとエビの身の甘みがたまらない一品になります

他にもありますエビのおにぎり

他にもエビのメニューで人気があるのが、エビチャーハンやエビピラフなどのご飯ものです。エビをおにぎりの具に利用して、チャーハンおにぎり、ピラフおにぎりなど美味しいですね。チャーハンやピラフをおにぎりにする時は、ごはんがまとまりにくいので、おにぎりの具となるエビを小さくカットするなどの一工夫が必要です。 最後に、おにぎりの具としておすすめしたいのがエビミソです。

かにみそとはまた違った、通が嗜むエビ味噌とは

カニミソとはまた一味違う美味しさのエビミソはおにぎりの具に最適です エビミソは、料亭や旅館などでしか食べられない貴重な食材のイメージですが、ウオスなら北海道の卸元からどこへでも直接配送致しますので、珍味をお気軽に味わって頂けます。 他にも北海道直送の新鮮なボタンエビや甘エビなどの仕入れは是非ウオスをご利用ください。 品質、鮮度、価格など、すべてに御納得頂けることと思います

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります