マカレイ 仕入れ


癖がなく、食べやすいことから老若男女に好まれる人気の白身魚カレイ。そんなカレイの代表格として知られているのがマカレイです。

そんなマカレイの仕入れをスムーズに行うためは、そのポイントや予備知識も重要ですよね。今回は、おすすめの調理法なども併せてご紹介いたします。ぜひ、仕入れの際の参考としてご活用ください

扱いやすい仕入れ食材マカレイ

お子さんでも食べやすく、様々な調理法があることで知られる白身魚カレイ。そんなカレイの中でも、多くの飲食店で活用されているのがマカレイです。

マカレイの仕入れ食材としての魅力は、他のカレイよりも安価での仕入れが実現できるということ。なぜならマカレイは、年間を通して流通量が安定している魚だからです。加えて調理方法も幅広いため、利用価値の高い仕入れ食材として知られています

仕入れの予備知識:マカレイの特徴

マカレイの体長は50cm前後。体は全体的に細長く、腹縁と背縁に黄色い筋がある見た目が特徴です。

主に加熱調理で活用されるマカレイは、弾力がある繊細で上質な身が美味しいことで知られています。またメスが抱えている真子も絶品です。

しかしマカレイの一番の魅力は、仕入れ食材としての扱いやすさ。元々水揚げ量の多いマカレイは、一年を通して仕入れの価格があまり変動しません。そのため多くの種類があるカレイの中でも、常に人気の高い仕入れ食材なのです

仕入れの予備知識:マカレイの産地

北海道や青森が、マカレイの主な産地ですが、中でもおすすめなのは北海道産のマカレイです。

海に囲まれている北海道では、その全ての沿岸でマカレイが水揚げされています。また1年を通して各沿岸でマカレイが水揚げされ、その最盛期も各々の漁場によって異なります。

北国の厳しい冬を超え、その身にしっかりと上質な身を蓄えた北海道産マカレイ。その身は、マカレイの中でも一級品と呼ばれ、北海道の看板カレイとも呼ばれています

仕入れの予備知識:マカレイの旬

年間を通じて一定の水揚げ量があるマカレイですが、その旬は一般的に秋から春にかけてです。

またマカレイの産卵期は、春から夏。この時期のマカレイは、メスが真子を抱えているというメリットがあります。しかし、真子を抱えているマカレイは、真子に栄養が取られてしまうため身は痩せがちに。そのため身を堪能するためには、真子を抱える直前の時期に仕入れるよう心がけましょう

マカレイは煮物が一番おすすめ

マカレイの魅力を存分に堪能するには、煮つけが一番おすすめです。

カレイ料理の中でも、最もポピュラーなカレイの煮つけ。マカレイは煮つけることで、身がホロホロになり、身にしっかりと味がしみこみます。特に真子を抱えたマカレイの煮つけは、とにかく絶品。またゴボウや蒟蒻などの具材と一緒に煮るのもおすすめですよ

様々な料理で活用できるマカレイ

癖がなく食べやすいマカレイは、そのまま塩を馴染ませて塩焼きにするのもおすすめです。他にも干物にすることで、適度に水分が抜け、より引き締まったマカレイの身を堪能することができますよ。また脂が少なく癖がないことから、ムニエルや唐揚げなどにも幅広く活用できるのです。このような調理アレンジの広さも、マカレイの魅力と言えるでしょう

マカレイの仕入れの3つのポイント

1.北海道産のマカレイがおすすめ

2.鮮度や大きさもチェック

3.水産会社選びが重要

1.北海道産のマカレイがおすすめ

マカレイの産地の中でも、おすすめである北海道。北海道のマカレイは、北国の極寒の海で生き延びるため、その身に豊富な栄養をたっぷりと蓄えています。また1年を通して様々な漁場で水揚げされているため、常に流通があるというのも北海道産マカレイのメリットです

2.鮮度や大きさもチェック

仕入れの際には、鮮度はもちろん大きさも重要になります。加熱調理が一般的なマカレイですが、新鮮なものは刺身としても活用可能。鮮度の良いマカレイの引き締まった身は、上質で絶品です。また唐揚げとして活用する際には、小ぶりなマカレイの方が適している場合もあります。調理方法に合わせて適したマカレイを仕入れることで、仕入れコストを削減することもできるのです

3.水産会社選びが重要

食材の仕入れで、最も重要となるのが水産会社選び。特にマカレイを仕入れる際には、仕入れまでのスピードや取引実績などにも注目しましょう。またマカレイの水揚げ量全国1位である北海道では、通年マカレイの流通が安定しています。そのため、北海道の水産会社を選ぶことで、より安定した仕入れを実現できるのです

マカレイの仕入れはウオスがおすすめ

新鮮で上質なマカレイの仕入れにおすすめなのが、北海道の水産会社ウオスです。

マカレイの水揚げ量1位の北海道で、今まで多くの飲食店様に新鮮なマカレイを提供してきたウオス。

ウオスが多くに飲食店様に支持される理由は、商品をしっかりと見極めるプロの目にあります。ウオスの仕入れを行うのは、その商品を知り尽くした専門バイヤー。ウオスでは知識と経験が豊富な専門バイヤーが毎日市場へ出向き、その日一番上質なマカレイを選別します。

また仕入れは、注文を受けてから行うという、ウオス独自のシステムを確立。この独自のシステムで、常に飲食店様のニーズに合わせた仕入れが実現できるのです

まとめ

価格や流通の安定面、また調理アレンジの幅広さから、多くの飲食店で扱われるマカレイ。その仕入れで一番重要となるのは、水産会社選びとなります。今回の記事を参考に、上質なマカレイをより適した状態で仕入れ活用していきましょう

水産仕入れ ウオス
※ 上の画像をクリックすると電話がかかります